友人から教わったジャガイモ料理

最近、ハマっている料理があるのです。

この前アメリカから、アメリカ人の友達が日本に遊びに来たときに、教えてくれた料理なのですが、そこまで難しくなく、出来上がったときの美味しさは、半端ではありません。

リーベークドポテトと言う料理みたいですが、要するにジャガイモを二回焼いたものなのです。

まずはオーブンで、一度ジャガイモを丸ごと焼きます。

そして、それを取り出した後には、ジャガイモを半分に切って、皮を崩さないように気を付けながら、中身をそっと取り出します。

たくさんのジャガイモの中身をボールの中に移して、サワークリームやバター、ベーコンやネギを刻んだもの、そしてチェダーチーズなどを入れて、つぶしながら混ぜて行くのです。

そしてそれが終わったら、生クリームなどを絞り出すための袋に入れて、それを先ほどとって置いたジャガイモの皮の中に注入して戻すのです。

そしてオーブンで再び焼きます。

二度焼くジャガイモなので、リーベークドポテトと言うのですね。

二回目に焼くときには、色々手間を加えて焼くのです。

二度目に出来上がったときの香ばしい香りは、もうたまりません。

そしてもちろん食べたときは、至福の一時ですね。

オーブンがないと難しい料理ですが、アメリカの家庭はどの家庭も、オーブンがあるものです。

幸いなことに、私の家にもオーブンがあります。

日本ってオーブンがない家が多いので、不便ですよね。

リーベークドポテト、見かけはお洒落で手の込んだ料理に見えますが、そこまで手間がかかるわけではないので、お客さんが来たときに出すのに良さそうです。

今度友達が来たときに作って、出してみようと思います。